夏の赤坂山例会山行

UPDATE 2024-07-08


【日 程】 2024/07/07(日)
【参加者】 12名
【コース】 マキノ高原駐車場 - 赤坂山登山口 – ブナの木平 – 粟柄越 – 赤坂山(824M) ※往復
【記 者】 T.Y


梅雨真っ只中の例会山行。雨天の心配をよそに、当日はほとんど雲もない快晴。暑さが心配される中、12名の会員が参加してくれました。

会のこれまでの山行では、冬の赤坂山は何度かあったものの、夏の赤坂山は初めてという方が多く、同じ山でも雪がないと全然印象が違うようでした。ブナの木平の東屋は冬は屋根の近くまで雪で埋まっているようで、柱の下の方が少し傷んでいることからもその様子が伺えました。

暑い中の登りはきつかったものの、途中で良い風もあり、また、水場で身体を冷やすこともできたので、なんとか体力を維持しながら山頂までたどりつくことができました。山頂は日差しは強かったものの風が心地よく、360度の眺望を楽しむことができました。

迷いやすいポイントはなかったものの、周囲の状況を手がかりに地図で現在地を特定する方法を確認するなど、経験の浅いメンバーにとって学びを得る機会にもなりました。

暑い中参加いただいた会員の皆様、おつかれさまでした!

 

リタイアしたFより ・・・ 登り始めてしばらく、軽度の熱中症を自覚しました。進退を迷う間もなく前を歩いていたY師匠に異変を気づかれ、仲間たちから「下山」を指示されました。全員での下山も選択肢にありましたが、結局、T女史が付き添ってくださることになり、二人で下山。早めの判断が功を奏したのか、元気に仲間の下山をマキノキャンプ場で待てました。みなさま、ご心配をおかけしました。

 

 

山頂での集合写真
山頂へ向かう稜線歩き

登ったその先、目の前に広がる絶景を独り占め「苗場山」個人山行

UPDATE 2024-07-03


【日 程】 2024/06/30(日)~2024/07/01(月)
【参加者】 会員7名
【コース】 1日目 小赤沢3合目登山口(11:21)--- 苗場山山頂(16:10)--- 苗場山山頂ヒュッテ(16:28)
2日目 苗場山山頂ヒュッテ(7:43)--- 苗場山神社(8:04)--- 小赤沢3合目登山口(11:34)
【記 者】 dekopon


長野・新潟の両県にまたがる苗場山。7時間かけて辿り着いた秋山郷の小赤沢3合目駐車場。WCも整い、50台くらい駐車できる。11時過ぎの到着で16台目。
ここからのピストンは最短の日帰りコース。雨予報のこの日、降られる前に下山しようと、早々に下ってくる人たちとすれ違いながら登る。

私たちの目的は、
【山頂ヒュッテに泊まり、高層湿原の散策を楽しみ、山小屋でゆっくり過ごす】こと。
【高山植物の写真を撮り、見晴台で夕陽を眺め、夜には星空を見上げ、4時半にはご来光を拝みたい】
という欲張りな願いもあったが、この日の天候では全部を叶えてもらえそうにない。
☔対策を万全に備えて登山準備。

登り始めてポツリと雨が落ちてきた。「予報より早いんじゃないの。」とレインを着る。
緩やかな樹林の登山道、歩きにくい木の根道や鎖のついた岩場があったり、急登があったり、変化に富んでいて面白い。高度を上げるにつれてお花が増えていく楽しみがあるので、霧雨も気にならず、しんどさも忘れる。
ところが、最後、「大きな岩ごろごろ樹林ゾーン」の難所に突入。乾いていれば岩の上を歩けそうに思うが、濡れているので足を滑らせては危険。ぬかるみ地獄のような湿地に足を踏み入れないようになんとか抜け切り、9合目に出た。

「オーッ!すごーい!」

ガスガスの一面真っ白を予想していたのに、なんと展望が開けている!
いつの間にか雨も上がり、山並みが見え、湿原には長~く続く木道が見える。
ササの中に大小の池塘が点在し、生えているスゲはまるで「稲の苗」のよう。だから、「苗場山」。

あちこちでワタスゲが揺れ、イワイチョウなど白い花が、静かな大湿原の中にたたずんでいる。チングルマとイワカガミの競演も華やか。登り切った目の前、こんな素晴らしい高層湿原に迎えてもらえるなんて。デッキで寝っ転がったり各々写真を撮ったり、湿原ゾーンは貸し切り状態。
なんてラッキーな私たち! なんて素晴らしい苗場山!

山頂ヒュッテでは3部屋もらえ、ご飯も水洗トイレも寝具も乾燥室も快適。少人数でゆったりと山小屋時間を過ごさせてもらった。
翌朝、小屋番さんに見送られて、雨の中を下山。
苗場山の高層湿原は1年に0.1mmずつ有機物が堆積しておよそ7,000年かけてできたもの。雨水のみで維持されている高層湿原にとって貴重な雨だと知ると、しっとりと濡れた一面ガスガスの湿原歩きも、趣があって良いね!と思える。

降り続く雨の影響で沢のように雨水が流れる小赤沢登山道。慎重に足を置きながら下って行く。昨日のぬかるみは、広く深く池のようになっている。岩も木の根も滑りやすい。登りに必要なかった鎖を下りでは使ってみる。ぬかるみ天国、泥んこ祭り、難易度が高くなって下山時間は約3時間50分かかった。

「雨の中、レインを着ての登山は辛かったけれど、とにかく緊張の下山道が楽しかった!」 
皆さん、笑顔の感想。

雨対策装備と登山後のお手入れ、雨による登山道の様子の変化、雨の日の歩き方、雨の日登山にも慣れる 等、次にステップアップする体験になったと思う。

下山後は、楽養館の赤湯温泉で温まり、秋山郷の食材をふんだんに使った定食をいただき、道の駅で、秋山郷特産の果物、野菜、お土産等のお買い物。大満足で帰路についた。

 

夜叉ヶ池には行きましたよ例会山行

UPDATE 2024-07-01


【日 程】 2024/06/29(土)
【参加者】 会員6名+体験1名
【コース】 夜叉ヶ池登山口(福井側)→三周ヶ岳手前ピーク→夜叉ヶ池登山口
【記 者】 スエ子


天気→良き!誰かさん引っ張て来てくれたねぇ!
ありがとう(^^)
植生→ブナ林。ここらの山域ステキ。デカい!
夜叉ヶ池→私らだけ…昼寝したーい!

Y「さぁ。せっかくやからどちら行きますか?」
スエ(へっ?でたー(笑)まあ、今日は師匠おられるから良いかな?)と、ゆう事で半ば強引に三周ヶ岳行けるとこまでになっちゃいました。
少し熊笹漕いで、棒立てて小ピークでパチリ(*^^)v
あ〜ハート池見てへん!
ほな夜叉丸側帰り少し登ろか。

池の周りは多人数になってたので、さっさと下り
師匠おすすめ杉津SAで、好きなの食べて帰りました。
北陸道は鯖江のへしこ、スパムおにぎりも好きですね。
杉津も外せなくなりました。

参加して下さった皆さん夜叉丸、夜叉ヶ岳行けなくてごめんなさい。またいつか。
ありがとうございました。

主稜線を三周ヶ岳へ向かって
夜叉ヶ池

赤井直正の城「黒井城」跡 城山356.8m個人山行

UPDATE 2024-06-26


【日 程】 2024/06/22(土)
【参加者】 会員3名
【コース】 亀岡=春日町登山口…三段郭…展望台…本丸…千丈寺山砦…大野峠…大野…登山口
【記 者】 kamemaro


(さらに…)

三上山〜妙光寺山 縦走例会山行

UPDATE 2024-06-20


【日 程】 2024/06/16(日)
【参加者】 会員11名
【コース】 御上神社🅿―登山口―女山―三上山―岩梨山―日陽山―不動山―妙光寺山―三上神社―御上神社🅿
【記 者】 atsuko.ya


三角形の美しい山。ずっと気になっていた。去年8月に山の会に入会した私は、それが三上山で、縦走ルートがあると先輩方から教わる。早速、今回の例会山行計画には待ってました‼と、嬉しくなる。

妙光寺山までの縦走路は、岩場あり、ザレ場あり、振り返ると立派な三上山が見えて励まされ、思わず「キレイ!」と、何度叫んだことか。

小さい山でもピークが6つもあるので、ワクワクするコース。この時期なのに、まだ入梅しておらず 夏の日差しに負けてピークひとつだけ辞めに。しかし健脚3人組だけが、岩梨山へGO!! 。ついて行けずすみません。

妙光寺山から、稲荷神社へ降りるルートは、御上神社🅿まで 国道を2キロ以上でも歩こうと 覚悟を決めていたが、国道をショートカット出来る下山道を見つけて 森のような湿った山の中も悪くなく、三上神社まで無事に下山。

御上神社🅿に戻る途中 吸い込まれる様に 某コーヒー店に寄ってお腹も満たされ、暑さ疲れも吹っ飛び 無事に例会が終了。

皆さんの 有り難いサポートの元、初めてのリーダーをさせて頂き、沢山学ばせて頂きました。大変緊張しましたが、楽しい良い山でした。再度登ってみたい山になりした。